好きなことを広く浅く学んでいくブログ

JAPAN NEXT ウルトラワイド ゲーミングモニターレビュー

WRITER
 
VCG34144UWQHDRサムネ
この記事を書いている人 - WRITER -
パソコンに関する最新デバイスやアクセサリーなど集めるのが好きです。興味をもったことは徹底的に調べつくす性格。海外向けの物品販売サイトも運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。sQuirlyです。

今回は最近発売された、34型UWQHDのゲーミングモニター(JN-VCG34144UWQHDR)を購入しましたのでレビューしたいと思います。

MMORPGに最適なウルトラワイドモニター

JN-VCG34144UWQHDR外箱

JN-VCG34144UWQHDRの最大の特徴は、ウルトラワイドという16:9のモニターより横にさらに広い21:9である点です。

横に長いので、その分MMORPGなどで見える範囲が広がったり、マルチタスクが楽になったりします。

2021年3月現在では、ウルトラワイドで144Hz以上に対応したモニターは選択肢が少なく、さらにWQHD以上の解像度に対応したモニターは4製品しかないです(価格ドットコム調べ)。

価格も期間限定で7万円を切っていて、エントリーモデルとしては有難い商品です。

机に設置してみたところ34インチということもあって、思ってた以上に横に広く感じました。サイドモニターを使いたい場合は、モバイルモニターなどの小型モニターでも十分だと思います。

また、商品紹介ページには特に記載がなかったですがフレームレスデザインでした(購入ページに記載がありました)。

画面に表示しているのはMMORPG「LOSTARK」

色合いは調整する必要あり

モニターの発色に関しては良好で、ドット欠けもなかったので満足です。

ただ、初期状態では色温度が暖色になっていて白色が若干赤っぽく感じましたので、OSDで赤色を少し下げました。

OSD設定1

湾曲でモニターアームに対応している

付属品としては、スタンド・電源ケーブル・DisplayPort(DP)ケーブル・ネジ類がついてきました。

付属品として変わっているものとしては、湾曲でモニターアームに対応させるために組ねじ継ぎ手が付属している点でした。

パネルの取り外しが便利

背面のケーブル取付部のパネルは簡単に外すことができ、モニター設置後のケーブル脱着も簡単に出来るかと思われます。

ただ、接続部の位置がモニターの下寄りだったので、パネルを外したとしても電源コードなどが引っかかってモニターを机面いっぱいまでつけることが出来ません。その点は残念に感じられました。

電源・設定ボタンについて

電源・設定ボタンはモニター左下についていましたが、モニターアームを使って机面いっぱいにつける派の自分には操作しづらいので、背面に搭載されていれば良かったと思いました。

ボタンは左から順にメニューボタン・ゲームボタン(画面中央にクロスヘアをつけるもの)・ECOボタン・RGBレンジボタン・電源ボタンがついていました。

ゲームをする者としては、ECOボタンとRGBレンジボタンをカスタムした画質(色温度やブラックレベルなど)設定を保存・割り当てして、各ボタンを押すことで瞬時に切り替えできるボタンにしたほうが便利だったかと思いました。

電源ボタン

取扱説明書とOSDメニュー

取扱説明書については基本的な部分しか書いておらず、詳細設定で少し苦労しました。OSDメニューに関しては詳細な説明が欲しかったです。

補足として、ディスプレイ設定のLedModeは背面についている楕円上の赤色LEDの発光パターンを設定する項目でした。

背面LED

OSDメニューに関しては細かく調整することができ、色味も「色相」や「彩度」まで調整することができるので便利に感じました。

特に、初期で中央に表示されているOSDメニューの表示位置を自由に設定できるのは便利だと思います。

OSD設定2

HDR機能は搭載しているがオマケ程度

JN-VCG34144UWQHDRには、型番にある通りHDR機能が搭載されています。また、モニター側にHDRの自動切り替え機能がありました。

ですが、Windows側のHDR設定には表示しているコンテンツに応じて自動的に切り替えしてくれません。

HDRに対応していないコンテンツ(SDR)を表示しているときは、色が薄くなったように感じてしまうので、HDRコンテンツを見る場合のみ手動でONする必要があり、不便です(説明書に書かれています)。

windows10のHDR設定
モニターが対応している場合は設定に「HDRを使用する」が表示される。

調整ソフトは付属しない

以前使っていたゲーミングモニターでは、モニター側の色合いをデスクトップ上で変更したり、起動しているアプリを検知してモードを自動で切り替えたりするソフトがついていました。

個人的にはそのソフトが便利に感じていたので、それがない点は残念だと思いました。

見出しまとめ

良かったところ

  • 7万円切る価格で手に入るUWQHDモニター
  • MMORPGやマルチタスクには最適な表示の広さ
  • 湾曲でフレームレスデザイン
  • モニターアームに対応している
  • ケーブル取付部のパネルを取り外し可能
  • OSDは細かく設定ができ、色合いも自分好みに調整できる

気になったところ

  • 取扱説明書が簡易的
  • ケーブル接続部がモニター下寄り
  • 各種ボタンがモニター下についている
  • 調整用のソフトがない

細かいところで惜しく感じる点がありましたが、基本的な性能や機能では概ね満足でき、UWQHDのゲーミングモニターとしての選択肢が少ない中で、コスパの良い商品だと言えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
パソコンに関する最新デバイスやアクセサリーなど集めるのが好きです。興味をもったことは徹底的に調べつくす性格。海外向けの物品販売サイトも運営しています。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Stealth Blog , 2021 All Rights Reserved.